30代主婦の通販化粧品 健康食品 育児用品 ファッション 料理 ノウハウ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症のお薬 副作用と疑問 精神症状の悪化は大変

認知症の薬について調べてみましたが、認知症の薬には
副作用もあるようです。

認知症の薬は、アリセプト(ドネベジル)
メナリー(メマンチン)・レミニール(ガランタミン)
リバスタッチ イクセロンバッチなど4種類。

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症
などの軽度から中度に使えるお薬があります。

副作用が結構あるようで、お薬によって副作用は
違いますが以下のような副作用が出る事があるようです。

食欲不振や嘔吐、下痢などの消化器症状
興奮やイライラ、落ち着きがなくなる、攻撃的になる
などの精神症状
除脈や不整脈で心臓病の方は内服に注意が必要
パーキンソン病に似た症状が出る
頭痛・血圧の上昇・めまいなど。

介護者にとっては、攻撃的になったりイライラして
落ち着きがなくなるというような精神症状が出るのは
とても負担が大きくなります。

認知症のお薬の副作用によって
食欲不振や嘔吐 下痢 頭痛、めまいなどは本人に
とっても辛いことですし、認知症のお薬を飲ませるのも
正直、良いのか悪いのか判断しづらいです。

医療ドラマなどを見ていて、病院は慈善事業ではなく
利益を出さなければいけないという事で、治療やお薬を
より利益率の高いものを優先させたりしているのを見ると
正直、お医者さんに出されたお薬を、信用して飲んでも
良いものか不安に思う事もあります。

多くは、善良な医師と病院だと信じたいですが。

少子高齢化で老人が増え、高齢者の寿命が伸びている中
認知症の高齢者が増えていますが、認知症にならないために
ある程度の年代になったら、認知症を予防することが最善策ですね。

認知症予防効果のあるサプリメント>>ジオフェルンZ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。